ウェディングテーマがあるから叶う!想像以上の結婚式

ウェディングテーマとブライズメイドドレス 自分達らしい結婚式を成功させるためにはウェディングテーマを決めて、それに沿ってデコレーションやアイテムなどを選んでいくことが欠かせません。統一感をもって自分たちの大切なものを表現することで新郎・新婦らしさがゲストに伝わり、印象深い!祝福したい!と思ってもらえる式を実現することができます。
ウェディングテーマは、新郎・新婦の好きなイメージやカラー、趣味や季節などさまざまです。テーマを決めるところまではみなさん想像がつきやすいと思いますが、1番大切なのはテーマをどれくらい実際の会場の雰囲気などに落とし込めるか?というところです。

新婦⇔ブライズメイドの情報共有



会場のデコレーションや装花、花嫁さんのウェディングドレスやカラードレスなどについては担当のプランナーさんときちんと打ち合わせをしていくことが大切です。一方、ブライズメイドドレスなどについては、プランナーさんとの打合せ以外に、実際にブライズメイドを担う姉妹・お友達と新婦さんとの情報共有が大切になっていきますのでその点に十分注意しましょう!

  • ブライズメイドの役割
  • ブライズメイドの費用
  • ブライズメイドドレスのデザインやカラー
などについて、お互いの考えを話し合いましょう。
特に花嫁さんはブライズメイドさんが喜んでその役割をできるように、シャイなお友達でも「この役割は負担じゃないかな?」「ブライズメイドドレスのカラーがビビットすぎないかな?」「ドレスデザインが大胆すぎないかな?」など心配りを忘れないようにしましょう。

ウェディングテーマに沿ったブライズメイドドレスの選び方

ブライズメイドドレスを花嫁さんとブライズメイドさんの間で情報交換しながら選ぶにはPinterestなどのツールをうまく使うことが助けになってくれます。


ウェディングテーマがカラーの場合やテーマから自然とテーマカラーが導き出される場合(【例】ウェディングテーマ『美女と野獣』→テーマカラー:イエローとブルー)を除いて、ウェディングテーマが決まったらテーマカラーを決めましょう。ブライズメイドドレスはそこからカラーを決めます。
デザインはテーマによって決まってきますが、最初にドレスデザインとカラーをイメージする時には絶対にコレ!とピンポイントで決めるのではなく、「カラーは薄めの紫〜ラベンダーくらい、デザインはロングドレスかな?」と大まかに決めましょう。その後、画像でイメージを膨らませたり、花嫁さんとブライズメイドさんでアイデアを出し合うと、想像以上に素敵なウェディングドレスとブライズメイドドレスのコーデが出来上がると思います。


ウェディングテーマをきちんと決めて意識することで、新婦さん1人だけでなくブライズメイドさんとも意識を共有してブライズメイドドレスのデザイン・カラーを決めていくことができます。1人で悩んでいても見つからない素敵なアイデアも、花嫁さんと人生をサポートし合うブライズメイドさんならヒントを持っているかも?!楽しみながら素敵なアイデアを見つけてみましょう。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す