シンプルイズベスト!ブライズメイドアクセサリーの選び方

PeonyRice real wedding 新郎・新婦は結婚式当日のために、会場、装花、食事メニュー、ギフト、装いなど1年以上前から準備する場合もあります。特に、新婦さんはこの日のために心を込めて選んだウェディングドレス、ベール、ウェディングシューズ、アクセサリーなどを身につけます。
新婦をサポートするブライズメイドは、アクセサリーを選ぶ場合にも、この特別な日を盛り上げ、新婦を引き立てる装いになるように気を配る必要があります。
では、どのようなことに気を付ければいいのか?そのポイントをご紹介していきましょう。

ブライズメイドアクセサリーを選ぶときのポイント

  1. 花嫁さんと事前にきちんと打ち合わせをする。
  2. まずは事前に確認を。ブライズメイドさん達でお揃いであればいいというわけではないので必要な手順です。
     
  3. 新婦やブライズメイドドレスを引き立てるようなシンプルなスタイルを心がける。
  4. 新婦さんのウェディングドレスやカラードレス、ブライズメイドドレスのカラーなども考慮する必要があるので、パールやクリスタルなど合わせやすいカラーのものを選ぶと統一感が出ます。また、ブライズメイドドレスとブーケだけでもとても華やかになりますので、なるべくシンプルにアクセサリーを身につけましょう。

     
  5. ヘアアクセサリーは派手すぎないものを。カラフルすぎるものを選んでしまうと花嫁さんのカラードレスやブライズメイドドレス、会場の装花の色とケンカしてしまうので、テーマカラーを考慮して選ぶ。
  6. 『ブライズメイドの髪型を決めるときに気をつけたい<4つ>のポイント』『【スタイル別!】ブライズメイドドレスを引き立てる正解ヘアアレンジ』でご紹介している通りヘアアクセサリーもシンプルがおすすめです!
     
  7. 花をアクセサリーとして身につける時は控えめに。花嫁さんよりも小ぶりなものを身につける。
  8. 新婦さんは結婚式のお花を想いを込めて選ばれます。その想いを大切にしてフラワーアクセサリーを選びましょう。

海外花嫁に学ぶ!素敵なアクセサリーの装い

新婦さんのウェディングドレスとブーケに目がいく装い
花嫁さんのウェディングドレスとブーケがとても華やかでその他の装飾をなるべくシンプルにした装いです。ブライズメイドドレスがホルターネックのためネックレスはせず、ブライズメイドさんが持っているブーケも豪華なので手元のアクセサリーもしていません。イヤリング/ピアスのみのアクセサリーですが、花嫁さんをよく引き立たせています。


式全体の統一感を大切にする装い
ビスチェタイプのドレスなどの場合、シンプルに小ぶりなパールのネックレスなどで合わせると素敵です。こちらはパールのイヤリング/ピアスも合わせたショット。お手本にしやすいノーブルな雰囲気がおすすめです。


難易度高め?!花冠の装い
お花のアクセサリーは新婦さんの想い入れがある分とても慎重に選ぶ必要があります。特にお花のカラーや大きさには注意を配りましょう。カラーはカラードレスや装花との兼ね合いを考える必要がありますし、大きさは花嫁さんを引き立たせるという意味で大切です。
花冠を選ぶ場合にはこういったことを考慮して、グリーンやホワイトのみにカラーを限定したり、小ぶりなお花のものを選ぶといいでしょう。


ポイントを参考に、新婦さんへの心配りを忘れない素敵なアクセサリーの装いをぜひ考えてみて下さい。
amikaでもこちらでブライズメイドメッセージ入りピアスを取り扱っています。また、インポートブライダルアクセサリーのセレクトショップbijoux by amikaでは、花嫁さんやブライズメイドさんにもお使いいただけるアクセサリーを取り扱っています。ぜひ、チェックしてみて下さい。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す