シックで大人かわいいウェディングにぴったり。秋のブライズメイドは色使いが決め手!

秋の結婚式 秋は春と同じくらい結婚式を挙げるのに人気のシーズンです。気候がいいというのはもちろん、紅葉の景色やロマンチックな雰囲気がウェディングにぴったりということもあるでしょう。
そんな秋に挙式される新郎・新婦さんのために、ウェディングテーマに秋をプラスできるようなブライズメイドのコーデやデコレーションのアイテムの取り入れ方のポイントをご紹介します!

カラーはあくまで秋っぽく!

ウェディングテーマに秋をプラスしたいならテーマカラーはあくまで秋っぽくが大切です。紅葉を思わせるオレンジ・ブラウン系、ベリーやブドウの実りを思わせる紫系の色、熟れたリンゴの深い赤などから候補を選びましょう。

ブライズメイドドレスのカラーも濃いパープルやワインレッド、モカなどがしっくりきます。


秋らしさをグッと高めてくれるラベンダーのドライフラワーのブーケ。ブラックパールなど深い紫の実ものを入れてもアクセントになります。


ブーケやヒールに秋カラーを取り入れるのもポイントです。ブライズメイドドレスがシルバーやグレー系でも、足元に秋色を差せば印象はガラッと変わります。


ウェディングアイテムには秋の自然を取り入れて

結婚式の会場から紅葉の木々が見えないからといって「秋を感じられない…」わけではありません。外の秋の空気を会場に取り込むには、デコレーションのアイテムに秋の自然を取り入れることが大切です。

松ぼっくりを使ったネームプレート。その他のテーブルデコレーションがシンプルでもはっきりと秋を感じることができます。


リンゴを使った飾り。お花をさらに足してテーブルの装花としても素敵ですし、小さめのリンゴにネームプレートをさして席札にするのもかわいいです。ウェルカムスペースに飾って秋を演出するのにもおすすめです。


こんなかわいいパンチが手に入れば、落ち葉もデコレーションの素材に変身します!


グラスにどんぐりや松ぼっくり、ドライフルーツなどをつめれば、秋を演出するメインデコレーションになります。


多くのカラーバリエーションを取り入れる場合、カラーの選び方1つでウェディング会場の”秋”がいなくなってしまうことも…。そうならないためにも、常にウェディングテーマとカラーに立ち戻って、バランスを考えるようにしましょう。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す