【涼しげで爽やか】が正解!夏のブライズメイドウェディングのアイディア

夏のひまわり ひまわりやビーチ、マリンやガーデンなど、夏の結婚式のテーマはそれぞれが比較的はっきりしています。でも、その分「どこかで見たような…?」と思われてしまいがち。そんなよくある夏ウェディングに素敵なスパイスを加えるのがブライズメイドウェディングですが、ブライズメイドをプラスすることで統一感がなくなってしまっては本末転倒です。
そこで、夏のブライズメイドウェディングを成功に導くアイデアやポイントを、【テーマカラー】【素材】【ロケーション】という新しい切り口でご紹介します!
 

【テーマカラー】はウェディングテーマで決まる!

夏の結婚式の場合、ウェディングテーマによってほぼテーマカラーも決まってきます。表のように、ひまわりならイエロー、ビーチなら海のブルーにプラスしてレモンイエローやパウダーピンクなどが素敵です。
カッコ内のカラーは新郎・新婦さんが目指すウェディングの雰囲気や好きなカラーで変わってきます。ほぼ決まってくるテーマカラーにどんな色をプラスするのか、それともあえてしないのか。それによってブライズメイドウェディングの雰囲気はガラッと変わりますので、狙い通りの素敵な結婚式にするためには大切なポイントです。
ウェディングテーマ テーマカラー
ひまわり イエロー/(ネイビー/ブラウン)
ビーチ ブルー/(イエロー/ピンク)
ガーデン グリーン/(ミント/ピンク)


ひまわりがテーマのウェディングは”元気いっぱい” ”かわいらしい”という印象が強いですが、ネイビーブルー/ホワイトをプラスすればよりモダンで大人の印象になります。


同じようにひまわりがテーマで、イエローにアースカラーのブラウンやモカをプラスすればナチュラル度が高くなります。


涼しげで爽やかな印象は【素材】から

夏の結婚式で1番皆さんが心がけているのは、暑さを忘れるような涼しげで爽やかな印象の演出ではないでしょうか?デコレーションのアイテムもブライズメイドドレスも、素材からきちんと選ぶと狙った印象を演出できます。

1.ブライズメイドドレス
ビーチやガーデンなど外での結婚式やパーティーが部分的にでも進行にある場合には、やはり軽いシフォンのドレスがおすすめです。風にさらさらとゆれているだけでも爽やかな印象をゲストに与えることができます。また、ドレスデザインもベアトップなどがいいでしょう。


一方、屋内で結婚式もパーティーも行う場合には、シフォンだけでなくサテンのブライズメイドドレスも人気です。上質なサテン生地はライティングで上品な光沢を放ちますので、まさに結婚式にふさわしいと言えます。


2.デコレーションアイテム
夏を連想させるアイテムは色々ありますが、簡単で夏っぽい雰囲気抜群なのはガラス素材です。ブルーに色づいたビンをうまく用いるだけで暑さを和らげてくれるような視覚効果が得られます。こういったちょっとしたアイテムがブライズメイドと相まって結婚式の世界観を盛り上げてくれます。


【ローケーション】別!夏婚ゲストへの心遣いのポイント

1.屋外
夏のウェディングで屋外で部分的にでも進行を行う場合、必ず暑さ対策が必要です!ゲストの皆さんが涼しくなれるような心配りを忘れないようにしましょう。
具体的には…
  • ひさしやパラソルなどの日よけを用意する。
  • 外でのイベントを涼しい時間帯に行う。
  • 冷たいドリンクなどを充実させる。
見た目も涼しげでおしゃれなデザートもおすすめです。


「ご自由に」という形態で扇子やサングラスなどを提供するのも粋ですね。


2.屋内
夏の結婚式場やホテルは空調が強めに効いていることが多いです。スーツや着物のゲストには喜ばしいことですが、ブライズメイドさんにはちょっと寒いかなということも大いにあります。
式の最中ブライズメイドは基本的にストールなどを羽織りませんが、披露宴やパーティーのために用意しておくと心配がありません。

ストールもブライズメイドでお揃いのものにするとコーディネートの幅も広がります。


夏の結婚式はちょっとしたアイデアと心遣いでブライズメイドを含めたゲストの皆さんが楽しめるおしゃれなものにランクアップします。ぜひ、参考にしてみて下さい。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す