ブライズメイドもお手伝いで活躍。フラワーシャワーの起源とは?

今回のコラムはフラワーシャワーについてご紹介します。
フラワーシャワー
お友達の結婚式などでフラワーシャワーをやられたことある方も多いんじゃないでしょうか?特に、最近の結婚式では人気のセレモニーです。ブライズメイドはフラワーシャワーをゲストに配るお手伝いをする役割を担うことがあります。

花びらをまくとその美しさとフォトジェニックな見た目に思わず目がいきますが、フラワーシャワーにもきちんと意味があります。それは、お花の香りであたりを清めて、新郎・新婦の幸せを妬む悪魔から2人を守り、これからの幸せをみんなで祈るというものです。
ブライズメイドやグルームズマンも、「新郎・新婦の幸せを妬む悪魔を新郎・新婦と同じ格好をすることで惑わす」という役割がありますが、結婚式のセレモニーの1つ1つが新郎・新婦の幸せのために行われているんですね。

最近では、バブルシャワーやリボンシャワー、フェザーシャワーなどいろいろあります。


リボンシャワーのリボンをDIYで準備されるプレ花嫁さんも結構いるのではないでしょうか。1つ気をつけたいのは、結婚式をする会場によってフラワーシャワーやバブルシャワーなどができない場合もありますし、持込み料が追加でかかる場合もあります。「やりたいな♡」と思っている新婦さんは必ず結婚式場のスタッフさんに相談しましょう。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆




ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す