サムシングフォー(Something 4)とは?

ハート型の風船
今回は、ウェディングの習慣の1つ、『サムシングフォー(Something Four)』について書きます。結婚式で花嫁さんが身につけると幸せになれる4つのアイテムのお話です。
ウェディングにはいろいろな習慣やマナーがあります。なかには、日本ならではのものもありますが、この『サムシングフォー(Something Four)』はもともと欧米の習慣です。聞いたことある方も多いんじゃないでしょうか?

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの (Something old, something new, )

なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの (something borrowed, something blue, )

そして靴の中には6ペンス銀貨を (and a sixpence in her shoe. )

このマザーグースの歌に由来するものです。

「古いもの」はお母さんからもらったベールだったり、「新しいもの」は新郎・新婦がえらんだリングだったりします。「借りたもの」はお友だちからハンカチを借りてもいいですね。もちろん、それぞれ、「古いもの」「新しいもの」「借りたもの」であれば、ちがうものでも大丈夫です。
「青いもの」の青は「純潔」をあらわすといわれていて、目立たないところに身につけることが多いようです。

左手薬指のネイルに秘密のブルーのハートマーク♡


ウェディングシューズの裏をブルーにしたり、ウェディングドレスの裏地にブルーの糸で刺繍するのも海外ではよく見られます。


花嫁さんが幸せになれるおまじない♡それが”サムシングフォー”なんですね。覚えておけば、花嫁さんへのちょっとしたギフトにブルーを取り入れたり、いろいろ応用がききそうです。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆




ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す