失敗しないグルームズマンのブートニアコーデ、正解教えます!

ブートニア グルームズマンの装いのポイントはいくつかありますが、今回はその中でもブートニアについてご紹介していきます。
かつては、男性が女性の家に向かう道のりで野花を摘み、その花束を贈ることでプロポーズするという習慣がありました。女性はもらった花束から花を引き抜いて男性の胸に挿すことで、プロポーズを受ける気持ちを表したといいます。
その由来からもわかる通り、結婚式におけるブートニアは新婦やブライズメイドのブーケや花飾りとのバランスが重要となってくる大切なアイテムです。コーディネートが素敵にできれば、結婚式全体の世界観を表現したり、ポイントカラーとしてちょっとしたスパイスの役割を果たしたり。小さいですがとても大切なアイテムでもあります。

※グルームズマンの役割については、『【役割、衣装の選び方から心構えまで】HAPPY倍増!新郎のお友だちにグルームズマンをお願いしよう』をご覧ください。

※グルームズマンの装い全身のコーディネートについては、『【正統派とこなれ派どっちを選ぶ?】海外ウェディングに学ぶグルームズマンのおしゃれなコーディネート』をご覧ください。

新婦・ブライズメイドのブーケとのバランス

新郎・新婦さんはブーケにはとても思いを込めてお花やデザインを決めると思います。そのテーマにそってブライズメイドのブーケも、グルームズマンのブートニアも決めていくことになります。
要となるお花をブートニアにも入れることでブーケとのバランスもばっちり!


ウェディングテーマが”ナチュラル”や”ラスティック”の場合には、ブートニアを束ねる素材もナチュラル系にして自然の雰囲気を損なわないものがいいですね。


ブライズメイドドレスは落ち着いたブルー、グルームズマンもシックなグレーの装い。そんな場合にブーケやブートニアをポイントカラーとして使うのも海外ウェディングでは定番です。


ウェディングテーマを凝縮して表現

結婚式には新郎・新婦さんの理想とゲストへの感謝の気持ちが詰まっています。ブライズメイドやグルームズマンの装いもその想いに沿ったものになりますが、ついつい「あれも。これも。」とアイテムが多くなってしまうことも…。そんな時には原点に立ち戻ってウェディングテーマの核は何なのか?をきちんと確認しましょう。
おしゃれな海外ウェディングではテーマを凝縮したシンプルだけどとても素敵なブートニアコーデがあふれています。ぜひ参考にしてみて下さい。

シンプルにかすみ草だけのブートニア。着ているヘリンボーンのベストやネクタイのカラーとあいまって”ナチュラル”なテーマにほっこりします。


ビーチウェディングのブートニア。スターフィッシュとパールの組み合わせが「素敵!」のひと言です。


ブートニアはグルームズマンの身に着けるものの中でもとても大切です。そのことを理解したうえでコーディネートを決めるようにしましょう。

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す