【解説します!】知っておきたいブライズメイドのはじまりと役割

歴史の古い名誉ある役割

新婦とブライズメイド

ブライズメイドとは、中世ヨーロッパで花嫁の幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るために、新婦の未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じようなドレスを着て、悪魔を惑わせた伝統がはじまりです。

結婚式前日までの役割



現在でも、欧米ではとてもポピュラーで、前祝いのバチェロレッテパーティー(※1)やブライダルシャワー(※2)を企画・取り仕切ったり、結婚式のお手伝いをしたり、忙しい花嫁さんをサポートする大切な役割です。
※1新婦が独身最後の夜を同性の友達と過ごすパーティー
※2新婦を友達・親戚が祝福する前祝パーティー。


結婚式当日の役割



当日、ブライズメイドはお揃いのドレスで式に参加し、新婦さんのドレスのすそを直したり、指輪交換の時にブーケやグローブを預かったり、日本の結婚式の介添人のような役割も果たします。

欧米では結婚式の会場、装花、食事・飲み物、ギフトなど、すべてのことを新郎・新婦がそれぞれ自分のお願いしたい業者やアーティストにお願いします。つまり、結婚式まで新婦はとっても忙しいわけです。そんな新婦をサポートするのがブライズメイドというわけですね。結婚式当時を華やかに盛り上げるだけでなく、縁の下の力持ちとして当日まで活躍する大切な役割です。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す