春はすぐそこ!季節感を取り入れるロマンティックなブライズメイドコーデ

チューリップ 春といえば、色とりどりのお花や新緑のガーデンなど、結婚式を華やかに演出してくれるアイテムがいっぱいです。桜やチューリップ、マーガレットなどの可憐なイメージのお花から、ラナンキュラスや芍薬、ライラックなどのゴージャスなイメージのものまで、季節のお花を使ったブーケや装花も素敵ですよね。
ブライズメイドさんがいる結婚式でも、ドレスのカラーや柄で季節感をだしてさらに春めいた素敵な結婚式にすることができます。今回は、春にぴったりのブライズメイドコーデについてご紹介します。

ドレスカラー

1番春を演出できるポイントはブライズメイドドレスのカラーです。ウェディングテーマに合ったカラーを選ぶのは当然ですが、パステルカラーを選ぶとより春めいた雰囲気が出せるでしょう。

1."Mix and Match"コーデ

ミントグリーンやペールピンクなどパステルカラーの1色使いでも春らしいふんわりした雰囲気がでますが、画像のようにパステルカラーで統一して"Mix and Match"コーデでいくつかのパステルカラーを入れればより華やかな印象になります。

シルバーとセージグリーンのブライズメイドドレス 春を感じるカラーを選びたいけど、大人の落ち着いた雰囲気も大切にしたい場合には、スモーキーパステルを選ばれることをおすすめします。
ダスティピンクやセージグリーンなど、スモーキーカラーのなかでもカラフルな色を選べば春らしい雰囲気を演出できます。さらに、シルバーやグレーなどのカラーと"Mix and Match"コーデすれば、グッと大人度高めな雰囲気にすることができます。

2.グラデーションコーデ
ブライズメイドドレスのピンクグラデーションコーデ 「"Mix and Match"コーデはちょっと難しいかも…」
という方におすすめなのが、同系色のカラーをグラデーションにするコーデです。
ピンク系なら、ヌードピンクブラッシュピーチなどを2、3色セレクトしてミックスするだけです。1色のブライズメイドコーデの時よりもカラーに厚みがでて華やかな印象になります。3、4名程度からできる簡単なコーデです。
人とは違う演出で結婚式のゲストのみなさんに素敵な雰囲気を味わってほしい方はぜひ挑戦してみて下さい。

花柄のブライズメイドドレス

花柄のブライズメイドドレスは春にぴったりといっていいアイテムです。特に、フラワープリントがはっきりされたものではなく、ふんわりとやさしく描かれたものを選べば、ロマンティックな春のブライズメイドの出来上がりです。



花柄のブライズメイドドレス amikaでも日本人の体型に合わせて作られた花柄のブライズメイドドレスをご用意しています。
ベースのベージュピンクのカラーは日本人の肌になじむ落ち着いた色で、大人の女性にもしっくりくる色味になっています。
同じピンク系の無地のブライズメイドドレスと合わせても素敵なミックスコーデに仕上げることができるのでおすすめです。

ここまで春のブライズメイドコーデをご紹介してきましたが、こういった素敵なコーデが映えるのも結婚式や披露宴、パーティー全体とのバランスが取れているかにかかってきます。ブライズメイドドレスは、ウェディングテーマを考慮して、会場・装花などとのカラーバランスをとるように新郎・新婦さんと相談して決めるようにしましょう。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す