【正統派とこなれ派どっちを選ぶ?】海外ウェディングに学ぶグルームズマンのおしゃれなコーディネート

グルームズマン グルームズマンの衣装といえば、スーツもしくは礼服、ブートニア、タイ(ネクタイ or 蝶ネクタイ)、シャツ、靴、ベスト、靴下などいろいろあります。とはいえ、コーディネートの幅はブライズメイドに比べるとあまりないのでは?と思われがち。実はそんなことはありません!海外ウェディングでは、結婚式のテーマや雰囲気に合わせて正統派から抜け感のあるこなれ派までさまざまなグルームズマンのコーディネートが楽しまれていいます。今回は、あなたの結婚式のテーマを演出するようなグルームズマンのコーディネートをご紹介していきます。

正統派のポイントはジャケットとお揃いアイテム

これこそ、ザ・正統派!
ダークカラーのスーツに蝶ネクタイ、チーフなど小物まで同じもので揃えています。


スーツのカラーが明るめだと少しカジュアル感がでますが、スーツと小物をお揃いにするのは必須です。新郎の衣装のカラーとギャップがあることで、引き締まった雰囲気を醸し出してくれます。


シンプルながらキッチリ感がでているコーディネート。
新郎も含め同じネイビーカラーのスーツですが、新郎のみ蝶ネクタイとブートニアをコーディネート。靴のカラーも変えています。正統派な雰囲気は壊さず、堅苦しくなりすぎないシンプルなコーディネートですね。


こなれ派のポイントは結婚式のテーマとのバランス

こなれ派のポイントは抜け感。でも、どのアイテムをどの程度引き算すればいいかは判断が難しいものです。あまりにカジュアルになりすぎるとゲストもびっくりしてしまうかも。そこで、海外ウェディングの完成形のこなれ派コーディネートをお手本にしてみましょう。

ジャケットはなくてもベストを着用し、パンツやシャツ、靴などを同系色で合わせればレストランウェディングやカジュアルなホテルウェディングにもおすすめです。


こちらもジャケットは羽織っていないものの、多少きっちり感のあるこなれ派。
パンツ、蝶ネクタイ、シャツ、サスペンダー、ベルト、靴をお揃いにすることで、抜けすぎてないコーディネートが出来上がります。


こちらはタイもなく明るいカラーのこなれ派コーディネート。リゾートウェディングやビーチウェディングに映えそうなコーディネートですね。タイをせず開襟のシャツですので、ホテルウェディングなどは避けた方がいいかもしれません。
ベストを着用すること、パンツ、ベストなどをお揃いで揃えていること、また、ポイントカラーとなるブートニアとチーフをアクセントに入れることで、引き算しすぎず、バランスの取れた抜け感が演出されています。


こなれ派のコーディネートをする場合には、特に引き算しすぎてだらしなくなってしまった、ということがないように気を付けましょう。逆に帽子やサングラス、凝ったデザインやカラーのシャツなど、足し算をしすぎてしまうと、こなれ派というよりも「頑張ってる」感が出てしまうので、バランスが大切です。
Pinterestなどで結婚式のテーマや雰囲気に近いコーディネートをいくつもピックアップして、理想形に近づけていくようにしましょう。

▶グルームズマンの役割などについてはこちら

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す