一生の宝物!ブライズメイドとの美しい写真を撮るための<3つ>のポイント



「お友達にブライズメイドをお願いするし、絶対に素敵な写真を残したい!」
新郎・新婦さんやブライズメイドさんが一生の宝物として残したいようなウェディングフォトやロケーションフォトは、事前のちょっとした準備や心構えが大切です。今回のコラムでは、人生の大切なセレモニーの写真を美しくとるための3つのポイントをご紹介します。

1.姿勢には要注意!

デイリーウェアとは異なり、ドレスはデコルテが目立つものが多くあります。ブライズメイドドレスも同様で、ドレスを着た時に美しく見えるかどうかは胸をはって姿勢の良い佇まいかどうかで決まってきます。内側に入ってしまっている肩を肩甲骨をしめて外に出す感じで姿勢を正しましょう。いつも以上に猫背には注意する必要があります。
また、ちょっとした油断が出てしまうのが、足元や手元。ショートドレスを着る場合には、意識して足を斜めに揃えましょう。普段パンツスタイルの多い方は忘れがちですので要注意!手元も油断するといつも”ピースサイン”しているなんてことに…。同じポーズばかりでは残念です。周りのブライズメイドさん達の腕や腰に手をまわして仲良しの雰囲気をだしてみたり、ブーケをきちんと持って華やかさをプラスしたりしましょう。

2.素敵なショットをピックアップ

「写真撮りますよ〜!」と言われてすぐに素敵なポーズやシーンを作れる人はいません。大切なウェディングの写真だからこそ、事前に自分の好きな雰囲気や結婚式のテーマに合ったショットを考えておく必要があります。Pinterestなどで撮りたいショットをピックアップしておきましょう。結婚式の雰囲気を思い浮かべるとっても楽しい作業にもなると思います。

ブライズメイドやグルームズマンがいればこんな素敵なショットも。

ホテルウェディングなら階段でこんなおしゃれなシーンが素敵。

花嫁さんのお仕度ショットは欠かせない?


リラックスした仲良しショットもほしい!


3.撮りたい写真は共有する

撮りたい写真をピックアップ出来たら、事前に共有するようにしましょう。新郎・新婦さんはもちろん、当日撮影をお願いするカメラマンさんや、一緒に撮影するブライズメイドやグルームズマンにも事前に「こんな感じで撮りたい」と画像を見せておきましょう。それだけで撮影がスムーズにいきます。

今回ご紹介したポイントは、それぞれ本当にちょっとしたコツや心構えです。でも、知っておいて実行するのと知らないのでは大違い!手間もかからないのでぜひ実行してみて下さい。

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

▶お客様フォトギャラリーはこちら

▶ブライズメイドフォトプランについてはこちら
※現在、名古屋のみオーダーを受け付けております。

◆コラム一覧に戻る◆


ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す