【役割、衣装の選び方から心構えまで】HAPPY倍増!新郎のお友だちにグルームズマンをお願いしよう

新郎・新婦とペーパーシャワー グルームズマンはひと言でいうと”ブライズメイドの男性版”です。ブライズメイドと同様に、お揃いの衣装で結婚式に参加し、新郎をサポートする大切な役割です。その他にも、バチェラーパーティーを企画したり、披露宴の受付・2次会の幹事などを任されることもあります。通常、ブライズメイドとグルームズマンは同じ人数になるようにお友達などに依頼します。
またその呼称について、日本では「アッシャー」と呼ばれることが多いですが、欧米でアッシャーというとサービスの方をさしますので、グルームズマンと呼んだ方が正式になります。
今回は、グルームズマンの役割・衣装、お願いする前に知っておきたい注意点・心構えなどをご紹介します。

結婚式でのグルームズマンの役割

1.準備/アイルランナーを敷く


日本では「バージンロード」という用語が一般的に使われていますが、正式には「ウェディングロード」または「ウェディングアイル」と言います。ウェディングアイルに敷く布を”アイルランナー”と言いますが、そのアイルランナーを敷くのがグルームズマンの役割の1つです。

2.入場
ブライズメイドが入場する前に祭壇の新郎側に並んでおきます。その際、ベストマン(グルームズマンのまとめ役)が1番新郎に近い内側になるように並びます。その後ブライズメイド、新婦父にエスコートされた新婦が入場し、挙式が進行していきます。

3.退場
聖書朗読、説教、指輪の交換、結婚証明書署名、結婚宣言が終わると退場です。新郎・新婦の退場に続き、グルームズマンがブライズメイドをエスコートして一緒に退場します。

グルームズマンの衣装



グルームズマンの衣装は、伝統的には新郎と同じタキシード・モーニングにブートニアになりますが、スーツ着用の場合も多いです。スーツや靴のカラーを合わせて統一感を出し、ネクタイ・蝶ネクタイやシャツ、靴下、ベスト、サスペンダーなどでウェディングのテーマに合わせた演出をすることができます。

知っておきたい注意点・心構え

1.できることを無理なく取り入れる
ここで紹介したグルームズマンの役割は、あくまで欧米での伝統的なものに基づいています。日本の結婚式においてはグルームズマンやブライズメイドの慣習はまだ根付き始めたばかりですので、無理なく取り入れられる”自分達らしいグルームズマンのいる結婚式”を実現しましょう。結婚式場のスタッフさんともきちんとした打合せが必要です。

2.ゲストへの事前の説明
まだグルームズマンやブライズメイド自体を知らないゲストも多くいらっしゃいます。不安がある場合には、特にご両親・ご親族などに、事前にグルームズマンやブライズメイドについての説明をしておきましょう。

3.グルームズマンにかかる費用
グルームズマンの衣装代や、打合せの時の交通費・飲食代など、グルームズマンをお願いされる方にはある程度の費用負担が発生します。
衣装については、新品のお揃いのタキシードやスーツを必ずしも揃える必要はありません。スーツについてはみなさんがもともと持っているダークカラー系などのスーツで色を揃え、シャツやネクタイをお揃いにするだけで統一感のあるコーディネートができます。



ウェディングテーマを表現するシャツや靴下、カフスなどのアイテムを新郎・新婦さんがプレセントとして用意したり、またはお礼の食事会を用意するなど、費用負担について明確にしておくとグルームズマンをお願いされた方も安心です。

実は、日本の結婚式では、グルームズマンがいなかったり、人数がブライズメイドより少ないことがあります。でも、実際グルームズマンのいる結婚式をされたり、グルームズマンをやった方に聞いてみると「やってよかった!」という感想ばかりです^^
親友の結婚式を1番近くでサポートできる素敵な役割のグルームズマン。ブライズメイドと同じように今後はポピュラーになっていきそうです。

▶ブライズメイドの役割についてはこちら

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す