【花嫁さま必読!】ブライズメイドをお願いする前に知っておきたいマナー

ピンクのドレスのブライズメイド ブライズメイドは、お揃いのドレスで結婚式に参加し、花嫁さんをサポートする大切な役割です。その他にも、披露宴の受付、2次会の幹事などを任されることもあります。日本では新郎・新婦さんとウェディングプランナーさんが相談して結婚式でのブライズメイドの役割を決めていきます。今回のコラムでは、具体的な注意点や心構えなどとともに、ブライズメイドの結婚式当日の役割についてご紹介します!

結婚式でのブライズメイドの役割

1.入場
司式者・新郎・グルームズマン(アッシャー)が位置につき式が始まると、ブライズメイドは新婦に先行して挙式会場に1人ずつ入場します。この時、メイドオブオナー(ブライズメイドのまとめ役)が1番最後に入場します。その後、新婦がお父様にエスコートされて入場し、式が進行していきます。

2.結婚式の最中
メイドオブオナー(ブライズメイドのまとめ役)は、新婦のドレスの裾をなおしたり、指輪交換の時にブーケやグローブを預かったり、花嫁の介添え役をします。

3.退場
聖書朗読、説教、指輪の交換、結婚証明書署名、結婚宣言が終わると退場です。新郎・新婦の退場に続き、ブライズメイドとグルームズマン(アッシャー)がカップルになって一緒に退場します。

知っておきたい注意点・心構え

結婚式 1.できることを無理なく取り入れる
ここで説明したブライズメイドの役割を全て取り入れなければならないわけではありません。結婚式を行うチャペルなど会場の大きさや時間配分、お願いするブライズメイドさんの意向などを考えて、無理なく取り入れられる”自分達らしいブライズメイドのいる結婚式”を実現しましょう。結婚式場のスタッフさんともきちんとした打合せが必要です。

2.ゲストへの事前の説明
日本でもブライズメイドを結婚式に取り入れる方が多くなってきました。しかし、まだブライズメイド自体を知らないゲストも多くいらっしゃいます。不安がある場合には、特にご両親・ご親族などに、事前にブライズメイドやグルームズマン(アッシャー)についての説明をしておきましょう。

3.ブライズメイドにかかる費用
ブライズメイドドレスの代金や、打合せの時の交通費・飲食代など、ブライズメイドをお願いされる方にはある程度の費用負担が発生します。新郎・新婦さんが、ブライズメイドドレスの代金を負担する、ご祝儀を遠慮する、またはお礼の食事会やプレゼントを用意する、など、ブライズメイドさんときちんと費用負担について話し合いましょう。あいまいにせず、明確にしておくことでブライズメイドさんの不安もなくなります。

4.テーマに合ったブライズメイドドレスを選ぶ
結婚式のテーマに合ったブライズメイドドレスを選ぶために、余裕をもってドレスを用意するようにしましょう。デザインやカラー、素材を花嫁さんとブライズメイドさんで確認するだけでなく、きちんと体にフィットしたサイズかも事前に確認しましょう。花嫁さんとブライズメイドさんは、LINEやPinterest、スカイプなどできちんと情報共有することを心がけると打ちあわせもスムーズに進みます。

ブライズメイドを結婚式に取り入れることで大切なお友達との絆がより深まります。このコラムでは、みなさんが無理なく結婚式にブライズメイドを取り入れられるように、ちょっとした疑問や不安にお応えしていきます!

◇ブライズメイドドレスを選ぶにはこちら◇
▶お急ぎレンタルから選ぶ
▶通常レンタルから選ぶ
▶購入から選ぶ

◆コラム一覧に戻る◆



ブライダルアクセサリーショップビジューバイamika

カラーで選ぶ

グループから探す